福岡県糸島市志摩の陶器手造り工房・恵水窯



灰かぶりの小屋


( Uncle  Cinderella's  Cabin ) ここからブログへ!





●自然灰・天然灰釉薬に魅せられて40年


<我がスローライフの中心・・灰釉の世界です>



●木灰の御話し


魔法使いの叔母さんみたい

に、アレコレの粉を調合して

釉薬を作ります。

主な原料としては長石の藁の

灰と秘伝の木灰を使い、夜な

々呪文を唱えながら混ぜ合わ

せていきます・・・嘘!

※一般に木灰のことを”土灰

<ドバイ>と称していますが、

私は限定できない木灰を(雑

多灰)とよんでいます。
上質の釉薬に仕上げるために

は、水につけ撹拌したのち沈

殿後のアク水をすて・・・その水

が綺麗になるまで繰り返しま

す。

やがて水分が殆んど無くなっ

たころ、天日によく干して元の

粉状にして湿気が入らない状

態で保管します。


とても手間をかけて造るので、

秘蔵の甕か壺に入れておきた

いイメージですが、大概はポ

リバケツの中です。

これとは別に、アクのつよいま

まで使用する灰も保存していま

す。
して沈殿後

野山で伐採した木を、出来け

種類(大きくは針葉樹と広葉

樹)ごとにに分けて焼成し、粗

熱がとれたあとフルイにかけ

保管する。この時は、全身真

っ白けです!



●最近の製作状況 & 新作

秋の”酒器<ショット杯>展示”のために少

しずつ焼き溜めています。
80cc〜120cc
次の本焼きのために素焼きを待つ カップと

酒杯です。



●プロフィールなど・・


◆我が工房<灰まみれ小屋>

専用の工房 兼 教室・・・西方沖

地震で少々傾いております。

ここがシンデレラ爺さんの小屋です。

狭い所ですが、遊びにいらしてくださ

い。
◆鎌田恒之<カマダツネユキ>

昭和28年(1953)2月

現在の糸島市志摩に

生まれる。

1970年より陶芸・彫刻

・デザインを学び1983

年 結婚を機に現在の

地にて築窯・独立する。






      恵水窯TOPへ戻る                恵水窯<別棟>灰かぶりの小屋へ!